性器ヘルペスになった場合の体の異変

性器ヘルペスになった場合の体の異変

 

性器ヘルペスという病気がありますが、これは単純ヘルペスウイルスに感染することによって発症する病気となっています。しかし実際に性器ヘルペスになったかわからないというような段階でも体に異変を感じることがあります。それは下半身に今までにない違和感や異変を感じると言うことです。その判断材料の一つとして、性器に赤いぶつぶつが見られます。このほかには性器に水ぶくれがあったり強いかゆみを感じたり、性器に灼熱感やひりひりとした感じ、また強い痛みを感じるというような異変を感じることがあります。女性の場合には排尿の際に痛みを感じることがあります。初めて性器ヘルペスに感染したというようなときには、性器に水ぶくれがたくさんできて発熱や頭痛や倦怠感、またリンパ節の腫れが見られるようです。このような特徴的な症状があるときには感染していることを疑いいます。この病気は性行為をしたことがある人の多くがかかる可能性がある物です。したがって性行為をしてから一定の潜伏期間の後に、このような体の異変を感じたときには、病院の診察を受けるようにします。とくに初めてかかったときには自分で判断することができません。積極的に検査を受けると言うことが早期回復のためには大切です。